お金は「ツール」であって目指す『目的』ではない

ビジネス

社会人になり働くようになれば
誰しも「お金は欲しい」と思うはずです。

ただ世間的には「お金に目がいく人はがめつい、悪どい」
みたいな悪者にしようとする風潮があります。

なのであまりお金の話を
しようとする人がいません。

しかしお金は「人生を豊かにする」
という点では最高のツールです。

お金を払えば美味しいご飯が食べられ
広い家に住むことができて
自分の趣味やコレクションに没頭できる。

健康を整えられたり
好きな国にだって行けます。

そういう意味では
お金はとても大事です。

なので多くの人はお金を稼ぐ方法を
求めているのですが、

今回は「お金稼ぎを目的にしない方がいい」
ということをお話ししたいと思います。

お金稼ぎ=青天井

これはお金稼ぎをするな!
ではなく、そこを目的にしない方がいい
という意味で捉えて欲しいです。

まずお金は青天井
つまり終わりがないのです。

例えばあなたの年収が300万ほどで
年収500万円を目指すとしましょう。

なんとか頑張って500万になりました
するとこう思うはずです

「年収800万の生活って
 どんな生活だろう?」

と上をみたくなります。

上を目指すのはいいですが
800万を見たら1000万、2000万
1億円とどんどん終わりが見えなくなります

そしてお金を稼ぐことが目的になると
手段を選ばなくなります。

「お金」が最優先なので
人に精神的ダメージを与えようが
奪うような行為にも抵抗がなくなります

仮にお金を稼げるようになっても
冷静に周りを見ればお金以外はなく
寂しく孤独な生活になりかねません。

もう一度言いますが
お金稼ぎをする事を
否定しているわけではありません。

あくまで人生を豊かにする
自分と周りを幸せにする
ツールだということです。

以前参加してたセミナーで
とても腑に落ちる話があったので
ご紹介します。

「もし、海外旅行に行くとしたらね?」

例えばあなたが海外旅行で
ハワイに行くとします。

その時日本からハワイまでは
「飛行機」にのります。

つまり

移動手段⇨飛行機
目的地 ⇨ハワイ

こうなります。

では別で置き換えて考えてみます。

会社の人間関係や
低賃金に縛られずに悠々自適に暮らしたい
とあなたが思ったとします。

すると

手段⇨お金、お金を生み出す力
目的⇨悠々自適に暮らす

この場合悠々自適に暮らすのが「目的」であって
お金を稼ぐのは目的を達成するための
「手段」でしかありません。

先ほどの旅行の話では
ハワイに着くのが「目的」であって
飛行機は「手段」でしかありません。

ただ多くの人は

どれだけいい飛行機に乗れるのか?
一番早くつく飛行機はどれか?
お得に乗れる飛行機はどれなのか?

と手段を探すことが
目的になっています。

このような話を聞きました。

実店舗を出そうが、営業をしようが
アフィリエイト、投資、YouTuberをしようが
結局1日、2日で結果は出ません。

そうなってくると
「どんな生活をしたいか?何になりたいか?」
という目的がとても大事になります。

お金はやりたい事を叶えるツール

僕はお金や他人に縛られないような
生活を目的にしています。

自分が本気で望むならなんでもいいので
まずは目的を決めて、それを達成するには
お金:ツールはどれだけ必要か?

そこを考えればまずは
無理せずにその金額を
目指して行動すればOKです。

そこでまた上を目指したければ
考え直せば問題ありません。

あくまでもやりたい事
理想的な生活が「目的」で
その目的を達成する「ツール」がお金です

ぜひ、その辺りを一度立ち止まって考えてみてください