努力は平気で裏切る…報われる努力の仕方とは?

マインドセット

ぼくは昔から器用ではなかったので
「才能」のある人に憧れていました。

運動に才能があれば初めてのスポーツでも
並大抵のことはできてしまうし

音楽の才能があれば一度聞けば
楽譜なしで演奏出来る人もいます。

そんな人と同じレベルになるには
「練習時間」で追いつくしか
ありませんでした。

カッコよくいえば「努力」で
才能を超えるしかなかったのです。

「努力は裏切らない・努力は才能にも勝る」
こんな言葉をどこかのマンガでも聞いたので
その言葉を信じてやっていました

ただやっていて気づいたのは
努力はやり方によっては”報われない”
という事です。

実際にダルビッシュ有選手も
同じようなことを言っています。

「努力は平気でウソをつくよ」

『努力は嘘をつかない』って言うけど、
 頭を使った努力をしないと平気で嘘つくよ』

こちらはメジャーで活躍中の
ダルビッシュ有選手が努力について
触れたツイート内容です。

周りから見れば彼ほど才能に
溢れている人はいないと思います。

ただ練習や日常生活をみると
努力の結果、今のポジションを
確立している事がわかります。

自分で栄養管理をし、どうやったら
少しでも野球のパフォーマンスが上がるのか?

練習でもテキトーに10球投げずに
狙ったところにきちんと飛ぶか?
飛ばないならなんで飛ばなかったのか?

全て頭の中で考えて
計算づくで動いています。

この発言を見て努力の意味を
理解したところもありますが
実際に体験して感じた所もあります。

努力に裏切られた日

それが「筋トレ」です。

男だったら一度は憧れるのは
板チョコばりに割れた腹筋。

僕も例外なく憧れたので
腹筋を割るために筋トレをしていました。

正しい方法も知らずに
「数をやっておけば割れるでしょう」
と軽い気持ちで始めました。

ただ早く割りたい気持ちがあったので
その思った日から腹筋50回背筋100回をしました

これを毎日やろうと思ったのですが
昨日まで筋トレは全然やっていないのに
いきなり始めたので、次の日には筋肉痛になりました

これは筋肉を使えている証拠だと思い
治ってからまた筋トレをしました。

しかし悲しいことにフォームが間違っており
腰を痛めてしまったのです。

幸い軽いもので安静にすれば
治る程度でしたが、それでも筋トレは
当分できない体になりました。

その時に

「ただがむしゃらにやるだけじゃ
 ダメなんだな…」

と感じたのです

そこで止めるのも嫌だったので
今度は少し考えてから筋トレに
取り組んでみました。

筋肉の作りを知るために「解剖学」
体をしっかりと作るための「栄養学」
正しい筋トレのフォームなど知識をつけました。

その上で適切な量を適切な分だけやる
この方向に変えました。

その結果バキバキとまでは言えませんが
腹筋を割ることができました。

努力は正しくやることで報われる

この結果は僕が賢かったわけでも
体がそういう体質だったわけでもないです。

ただ「努力のやり方」を変えただけです。

日本は根性論とか精神論が大好きなので
「頑張ればなんとかなる!」
みたいな発想があります。

しかし気合だけでは解決しないことが
あるのも事実です。

そんな時は少し頭を使って
考えた上で努力すると
望んだ結果に近づけます。

あなたもただ頑張れば
いいと思っていませんか?

少しでもいいので
努力のやり方を考えると
結果の出かたが変わります。