コレ知らないと”読まれない記事”が溜まります【ブログ5段階判別】

ビジネス ライティング

あなたがいくらいい事を書いても
相手の為になるお得な情報を発信しても
相手がどの段階にいるのか?

これを把握できていないと
一方通行な発信になります

つまり読まれないないし
あなたから何かを買うなどの
行動をしてくれないという事です

記事を書く時に内容ばかり
目が行きがちですが
本来は読んでくれる「読み手」が第一です

で、この読者がどの段階にいるか?
それを5段階で分けたものが
「TTM理論」と言われるものです

これを使ってお客さんが
どの段階であなたのブログを読んでいるか?
を把握し適切なメッセージを送れます

これを考えていないと
いつまでも読まれない記事を
書き続けることになります

相手を考えない発信
 =自己満足

この理論を紹介する前に
お客さんがどの段階にいても
読まれない文章があります

それが自分の意見だけを羅列した
「自己満足な文章」です

様々なところからデータを持ってきて
それを1つの記事にまとめて
自分の主張なども取り入れる

一見するといい文章の
構成に見えます。

ただそれを相手が求めていなければ
ただの自己満足の文章になります。

そして自己満足な文章ほど
読んでいて苦痛なものはありません

例えばあなたが何か質問した時に
聞いてもないことまで
説明してくる人いませんか?

「あ〜ちなみにこれはこうした方がよくて
 こっちはここと組み合わせると早くできるよ!
 なぜなら・・・」

聞いてるこっちからすると

「いや質問にだけ
 答えてくれればいいから」

と質問の答え以外はほぼ
スルーして聞いてることもあると思います

まさにそのような感じです。

相手が求めていないことは
いくらデータを細かく集めて
意見を主張しても苦痛なだけです

よく読まれないことに
文句をいう人がいますが
理由はシンプルに”求められていない”です

なので何に悩んで何に不満を感じてるのか?
それを調べて答えるものが必要なのです

TTM理論はこれを解決する

TTM理論(Transtheoretical Model)は
読み手の行動や知識を5段階に分けたものです

読み手があなたの事を
完全に無視している段階から
定期的な読者の段階までわけられています

各段階を把握しておけば
どの段階から発信して上に持っていくのか?
を考えられます。

5段階は下から

    1.検討以前
    2.検討
    3.準備
    4.行動
    5.維持

と5つに分かれています

それぞれを簡単に解説すると

1.検討以前
∟この段階の人はあなたのブログの存在を
 無視しているか、まだ読みたいと思っていない状態

 つまりブログを始めた段階などはここです

2.検討
 ∟この段階ではあなたのブログの存在は認識しています
  そして読んでみようかなと考えている状態です

3.準備
 ∟読み手はあなたのブログを読もうとしてますが
  まだ探り探りの段階です
  
 「これを読むことで何が得られるだろう?」
 「どんな情報が書かれてるんだろう?」

 という段階です

4.行動
 ∟この段階はなたのブログに興味を持ち
  読んでいる状態です

  「よし!このブログを読もう」

5.維持
 ∟いわゆるファンや読者登録をしてくれている
  「固定客」と言われる段階です

  この情報を知りたかったら、ここでしょ!
  という状態になっています

この5つの段階には
それによって発信の仕方も違うので
ぜひ意識してください

5段階に分けた記事の書き方

ではそれぞれの段階ごとで
どのようなメッセージにすればいいのか
ご紹介していきます。

過去に筋トレブログを書いていたので
そこで簡単に例えながら
ご紹介をいていきます。

1.検討以前

まずこの段階では知られていない
認知されていないという段階です。

なので悲しいですが何を発信しても
見られない状態になります。

なのでまずは
「自分はこんなブログを書いてるよ!」
と見つけてもらうのが大切です

その時に芸能人のゴシップネタを書いたり
トレンドをいち早く記事にして
認知されようとする人がいます

ダメではないですが一過性なので
長い目で見た時に続きません。

トレンドも混ぜていいですが
基本的にはテーマを絞って
ブログの色を決めた方がいいです

例えば筋トレでも男性向けか?女性向けか?
20代向けか、30代向けか
これだけでもだいぶ変わります

自分がトレーナーなのか
一般人なのかでも変わるので
そこをある程度、決めるのは大事です

そうする事でそこに関して
悩みのある人が見つけやすくなります

2.検討

この段階ではブログは認識されています

とすると筋トレに興味のある人が
ブログを見にきている状態です

アクセスもちらほら出てきてるので
この段階では次の3.準備段階に持っていくために
タイトルやアイキャッチ画像などを
意識するといいです。

ブログには来てくれてますが
多分サイトのTOPページを
さっと見てるだけです。

まずは目に留まるように
タイトルやアイキャッチ画像を入れて
「ん?」となるように意識します

3.準備

この段階は読もうと決めていて
あと一押しで記事を読み始める状態です

そうなってくるとタイトルで

「あなたの不安を解決しますよ」
「これを読めばこんなメリットがありますよ」

と相手に伝える必要があります。

例えば20代の筋トレに興味のある男性なら

「コレ怪我します!腰を痛める腹筋のやり方3選」

みたいに書いてあげると読んでる人は
鍛えてカッコよくなりたいと同時に
怪我や痛めることは避けたいと思います

「これは必要かも!」と思って
記事を読んでくれる可能性があがります。

読ませようとして嘘やあまりにも
誇張したタイトルをつける人がいますが
それだけと中身と相違があるので信頼が下がります

読ませるためとはいえ誇張のしすぎは
逆効果なのでやめましょう。

4.行動

この段階ではすでに記事が読まれています

アクセスもある程度安定して
伸び始めている状態です

ここで意識するのは記事の中身です

どんなにいタイトルでアイキャッチ画像を
使っていても中身が微妙であれば
1回で離れていきます。

そうならない為にも中身を充実させて
「またみたい!」と思ってもらうことが
重要になります

そこで意識したいのが

「自分の書きたいことではなく
 相手が読みたい記事を書く」

これが最初のうちは重要です。

最初の段階で読まれない人は
大抵自分の書きたいこと、言いたいことばかりを
記事にしていることが多いです。

それを個性だと思う人もいますが
見られていなければ、それはただの独り言です

読んでもらい人に伝わることで
意味があるのでまずは相手が
読みたいことを優先して書きます

人によっては日記や備忘録的に書いていて
読まれなくてもいいよ!という人もいますが
そんな人はこの記事を読んでいないと思うので
その辺りの説明は省きます

5.維持

この状態だと固定のファンがついているので
この人はあなたの書く文章や人柄に惹かれている状態

で、あればある程度なんでも
情報は聞いてくれます

固定のファンが増えてきたら
自分の意見を少し多めに入れると
満足感が増してきます。

ファンは為になる知識以上に
「あなたは何を考えているのか?」が
気になっています

なのであなたの意見や考えを
共有してあげるとさらに読んでくれます

客観視して適切なメッセージを

ブログのジャンルや書き手の
キャラクターによって5段階の範囲は
変わってきます。

なので一概にコレくらいのアクセスなら
2番目ね!とも言えません。

なので冷静に客観して
ブログをみてどこを意識して
書いていけばいいか実験してみてください

正解も不正解もないので
少しずつ実験しつつ試して見てほしいです

一つ言えるのはこれを理解して
記事を書いているのか・そうでないのか
では大きく差が生まれます

ぜひこれは意識して書いてみてください!

P.S. 文章の悩み、LINE@で相談受付中

LINE@ではこう言った文章の悩みの解決や
読まれる文章の書き方をご紹介しています!

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】