ブログでおもしろい記事が書けない時の対処法【体験するべきです】

ビジネス ライティング

他人のブログを読んでいると

「この人の書き方はおもしろいな」

「つい最後まで読み込んじゃう」

と思うブログは自分の中で
いくつかありますよね?

それと同時に
”自分もおもしろい記事を書きたいな”
とも思うはずです。

先日このようなツイートをしました

ブログとかで面白い記事が
書けなくて悩む時ありますよね

その時は「面白い情報に触れる」
のが効果的です

・新幹線でグリーン車に乗ってみる
・月100万稼ぐ人のセミナーにいく

体験自体が面白ければ
それがネタになるので

あなたは、つまらなくないので
面白い情報にガンガン触れてください

読者がおもしろいと感じる記事を書くには
自分がおもしろい体験をした方が
いい記事が書けると思っています。

ちなみに上記のことは
実際にぼくが体験したことです。

スポンサーリンク


ブログが書けない=体験が少ない

当たり前のことですが
ブログ記事を書く時には
「体験してないこと」は書けません。

実際に商品を買わなくても
商品の良さを引き出せる人もいますし
観光スポットの紹介をできる人もいます

ただその人たちは企業のサイトや
パンフレットなどを全てみて
「疑似体験」をしています

実際に自分がそこに行ったかのように
体に染み込ませて感じたことや
商品の魅力を伝えられます。

それだけ素晴らしいライターさんも
中にはいます。

ただそれでも実際に体験した方が
より気持ちに響く文章になります

    ・おもしろい記事を書きたい
     ∟おもしろい体験をする

    ・為になる記事を書きたい
     ∟ためになる体験をする

    ・感動する記事を書きたい
     ∟感動を体験する

全て体験することによって
上っ面だけでなく相手に共感される
記事を書くことができます

それに多少文章の構成が崩れても
表現が幼稚になったとしても
心に響く記事を書くことができます

実際に体験しているからこそ
そこでしか味わえない
空気感や臨場感を伝えられるからです

お金をかける・かけないに差はないですが
かければそれだけ大きな体験を
することはできます。

過去に実際にぼくが体験した
ものをご紹介します。

好奇心でグリーン車へ乗る

冒頭のツイートの2つを
簡単にご紹介します。

①新幹線でグリーン車に乗ってみる
②月100万稼ぐ人のセミナーにいく

この体験はどちらも
「おもしろそう」という好奇心で
行動したものです

①新幹線でグリーン車に乗ってみる

これは用事で「神戸」にいく時に
やってみた行動です

新幹線はあまり使わないのですが
その時は神戸に新幹線でいきました

行きは普通車に乗って行ったのですが
それまでグリーン車には乗ったこと
ありませんでした

良いとは聞いていましたが
実際には乗ったことがなく
どういいのか?がわかりません

時期にもよりますが

普通自由車なら14,160円
それがグリーン車になると19,880円
2万円近くになります

高いと思いましが
「おもしろそう!」と思い
人生初のグリーン車に乗りました。

結論から言うと
「高いお金を払っただけある」
と大満足でした

まず椅子の素材が違い
フカフカで座ってても
腰が痛くなりません

東京-神戸は約2時間半ですが
行きの普通席では腰が痛くなりましたが
帰りは少しも痛くなりませんでした

あとはグリーン車にいる人は
基本的に騒がない大人なので
常に静かな時間が過ぎます。

ストレスがないので本を読んだり
イスを倒して寝ることも可能です

それにほどよい新幹線のレールを走る
雑音が集中力を増してくれて
記事が捗ったり、アイディアも色々出せました

2万円という金額だけみれば高いですが
最高の時間を過ごせたので下手に安いコーヒーを
カフェで飲んで作業するより良かったです

②月100万稼ぐ人のセミナーにいく

これは高校生くらいの時に
人数限定で無料のセミナーがあったので
参加してみたのです

ビジネスのセミナーでしたが
特に怪しい商材を売られることもなく
スクールの誘いなどもありませんでした

シンプルにこれからのネットの可能性と
どうやってビジネスを作るか?の
話をしてくれました。

それだけの「情報」を知るなら
本でもいいですし今ならブログや
YouTubeでも足ります

ただ実際にセミナーに参加して
話しての表情や熱量はその場でしか
感じられません。

それを文字にしようとしても
バーンとかウォーとか擬音ばかりに
なってしまいます。

ネットの時代だからこそ
実際にリアルであって話を聞くのは
体験としてとても貴重でした。

それに全く同じことが本に書いてあっても
実際にあった方が「体験」として
記憶に鮮明に残る感じがしました

事実、いまでもそこで聞いた内容は
体に染み付いています。

セミナーや講演会などは安ければ
1000円、2000円くらいで参加できます

本1冊買うくらいの値段で
本以上の体験を感じられるので
オススメです

と軽く実際に体験したことを
簡単にまとめてみました。

実際に伝わったかはわかりませんが
書いていて熱くはなります

「こんないい事があるんだよ!」
「ここが素晴らしくてね!」

と文章にも熱がこもります。

それを暑苦しいと毛嫌いする人も
一定数います。

ただテクニックだけで書いた
綺麗な文章よりもそういう方が
人間味もあってたまに書くと好まれます

体験をするお金がないんだよな…

2つ例をあげましたが
一つはタダでしたが最初のは
お金を使いました

そしてあなたも
「体験をするお金がないんだよな」
と思うかもしれません

でもお金がないと本当に
できないでしょうか?

・為になる本を買うお金がない
 ∟図書館は情報の宝箱です

・おもしろい体験をするお金がない
 ∟無料セミナーや〇〇の企業見学してみた
  とかならお金なく出来ます

・感動する舞台や映画を観に行けない
 ∟舞台の設営のバイトをしてみる
  友達にDVDを借りる

など少し考えるとお金をかけなくても
体験はいくらでも出来ます

ただお金を払うと選択肢が増えるだけで
出来なくはありません。

その体験を記事にすれば
唯一無二の記事を書くことができます

記事が書けないなら体験をする

記事が書けないなら
体験をしてそれを記事にまとめると
かけると思います

それに体験は必ずしも派手でなくても
自分がおもしろいと思うものなら
なんでもOKです

為になるものなら自分が為になるもの
感動系なら自分が感動するものでOKです

体験をしないで知識をまとめても
薄っぺらい記事になるのは目に見えています

あなたは決して才能が無いんじゃなくて
ただ体験が少ないだけです

これから小さくても体験を
積み重ねるとおもしろい記事を書けます!

ぜひおもしろい体験をしてみてください!

P.S. あなたの悩み、LINE@で相談受付中

LINE@では

・会社に勤めない生き方をしたいけど
 まず何からやればいいのか?

・ビジネスに興味はあるけどわからない

・過去に教材を買ってみたけど収入が0だった

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】