3週間でGoogleアドセンスに1発合格した時に意識した3つのこと

ビジネス

ぼくはブログを始めて3週間で
グーグルアドセンスに申請し
1発合格しました。

記事も20記事ほどですが
その時に意識していたことは3つです。

    ・読者のためになる記事を書く
    ・オリジナル性を意識する
    ・基本的に毎日更新をする

この3つを守れば通るとは限りませんが
逆にこれを守っていないと
すぐに審査に通すのは難しいです。

ちなみにサーバーは”エックスサーバー”
ドメインは”お名前.com”でとりました。

どちらもブログ始める日に
取得したものです。

スポンサーリンク


最低限の準備の上での3つ

アドセンスの審査を通したいなら
プライバシーポリシーを作る
お問い合わせフォームを用意する
など最低限やらないといけない事は
今回は抜きにしています。

その情報を知りたい場合は
「アドセンス 審査 対策」
などで調べれば出てきますので。

それ以外で重要かつ意識していたのが
最初の3つの要素です。

Googleは基本的にその情報が
見ている人の為になることが大事で
オリジナルである人を評価します。

なので1日に10記事あげようが
5000文字の記事をあげようが
コピペだったり、人の丸パクリだと
評価は下がります。

なのでこの3つはかなり
重要なのです。

3つの要素を解説

改めて意識していたのは
この3つになります。

・読者のためになる記事を書く
・オリジナル性を意識する
・基本的に毎日更新をする

これらを簡単に解説していきます。

読者のためになる記事を書く

 

当たり前ですが読者が読んでいて
「なるほど!」とか「確かに!」
みたいな記事はGoogleからも評価はされやすいです。

なのでGoogleアドセンスが通っていない人を
ざっとみると普段の感じた事をまとめた日記とか
備忘録的なものが多い気がします。

確かにトレンド性のある記事なら
読まれるかもしれないしアクセスは集まるけど
人の為になっているか?というと微妙ですよね。

その記事を読んで元気になりました!という人は
いるかもしれませんしそうなれば人の為に
なってるとも言えます。

ただそこはGoogle側に伝わるかは微妙で

・普段の生活で感じたことをまとめた記事
・Googleアドセンスの設定方法、通すための記事

この2つがあった時
ぱっと見で為になりそうなのは
後者の記事ですよね?

その人の人柄などは関係なく
為になるかだけで考えたら
アドセンスを通すための記事の書き方や
考え方の方がためになります。

日記を全面的に否定はしませんが
例えば日記でもいいですが
そこから+読んでる人の為になるもの

例えば主婦だからこそできる
家事の時短術3選とかにするだけでも
日記を書くよりもいいと思います。

オリジナル性を意識する

ここはGoogleはかなり大事にしていて
仮に人のためになるような記事を書いていても
オリジナル性が無い場合は通りにくい気がします。

正直書くテーマが似ていたり
同じ本を読んでいると書く内容は
似ていたりします。

全く一緒の場合もありますが
その時に必要なのがオリジナル性です。

そしてオリジナル性を出す
最も簡単な方法は

「その方法論+体験談」

この組み合わせを出来れば
確実にオリジナル性のある
文章になります。

体験したことは自分だけですし
仮に体験談まで被ったとしても
そこで感じたことや見え方は違います。

方法論だけであれば
他人と被りますが体験談は
それぞれの数だけあります。

なので何かノウハウとか書くときは
自分の体験談を合わせるようにしましょう。

仮に体験談が無ければ

「自分はどう思うか?なぜ記事を書いたのか?」

ということを書いてあげると
それもオリジナル性に繋がります。

基本的に毎日更新をする

これは大きく関係していたか
わかりませんが僕は記事を
毎日更新していました。

Googleはアクティブなサイトを
評価してくれる感じがします。

それはそうで毎日更新されて
日々新しい情報が追加されるサイトと
週に1回更新されるか、されないかのサイトでは
毎日更新される方がいいです。

なぜなら新しい人に
見られる可能性が高いですし
情報の新鮮度も高いです。

Googleも使っている人に
満足して欲しいので
新鮮かつアクティブな情報を
優先的に評価している気がします。

加えて必要な要素

上記3つはかなり意識しましたが
その他にも意識した要素が
あるのでご紹介します。

テーマを絞った方がいい

「筋トレだけ」とか特化型の
記事にする必要もありませんが
誰がターゲットなのかは明確な方がいいです。
 
例えばゼロワンならビジネスを始めたいけど始められない
もしくはやっているけど結果が出ていない人がターゲットです。

この人に向かっての発信という軸があれば
自然に話すブログのテーマもまとまります。

なので日々感じた日記や
トレンドの記事のブログは
通りにくいイメージがあります。

日記で需要があるのは
芸能人とかインフルエンサーなどで
基本的には一般人のものは需要は少ないです。

プロフィールはしっかり作る

結局Google側も審査をするのは
最終的には人です。

よくわからない人を信用はしないので
プロフィールはしっかり作るのが大切です。

ぼくもプロフィールには
かなり力を入れて作っているので
よかったら覗いてみてください。

プロフィール

 
「これくらい書けばいいのか〜」
くらいの参考にしれもらえればと思います。

人のためになるコンテンツがいい

必ずしもノウハウ系や何かを教える内容が
通りやすいという感じではないと思います。

ただGoogleもボランティア活動で
動いている企業ではないので
ビジネスとして考えています。

そうなった時にブログで
同じ100人を連れてくるにも

・ふらっと見にきた100人
・ビジネスの悩みを持った100人

では後者の方がブログの滞在時間も
長くなりますし、何より広告主が出した
広告からサービスに申し込む確率も上がります。

最終的には自分が広告主だとして
「このサイトにはお金を払って広告を出したいか?」
の視点で見れば改善策は見えてくると思います。