今ある武器でとりあえず行動すべき【足りない部分は後から付け足す】

マインドセット

もし、今あなたが少しでも興味があって
やりたい事があるなら今の実力で
始めちゃった方がいいと思います。

そこで”知識がないから…”とか”経験が…”
と考える前にある程度見切り発車で
行動してもいいと思います。

無いものは無いし
それは仕方ないことです。

なので今あるもので小さくても行動した方が
早い段階で結果を出すことができます。

スポンサーリンク


行動して気づくこともある

知識やスキルなどを習得するには
多少なりとも時間がかかりますし
こればっかりは仕方ないです。

ただここを習得するまで
何も行動しなかったり
勉強と言って本を読むのは勿体ないです。

本を読んだり知識をつけることから
先にやる人が多いですが
現状できることから先にやってみる。

かなり最初の段階で
つまづくかもしれませんが
進めた方が「経験」が積めます

行動すると意外に出来たりすることや
思ってたより出来ない部分が
目に見えてきます

これは行動するから見えてくるので
ただ本を読んだりしていても
よくあるミスは書いてあっても
”あなた”のミスする箇所は載っていません。

出来ない部分がどうしても
必須事項なら重点的に知識やスキルを
つけていけばいいですし、

特に必要ないなら外注化か
やらないで得意な部分を
伸ばすことにに時間を使えばOKです。

過ぎた時間は戻ってこないので
考えてから動くというよりも
動いてから考える方が
効率的で無駄がないです。

勢いで始めたブログ

一番初めにブログを書き始めた時も
元々文才があったとかスキルがあるとかで
自分は始めていません。

むしろ苦手意識があり
避けていた部分なので
マイナスからのスタートです。

そんな状態から書き始めたので
一番初めに書いた文章はまあひどいです。

自分でも理解できないくらい
意見はまとまっていませんし
改行なども下手で読みづらいです。

そんなボロボロの状態でも
まずは書くという行動をしました。

いくら文章の構成や言葉の使い方を
勉強して練習したとしても
実際に書いて公開しないと経験になりません。

記事を書いて一人にもみられなかったら

「どの部分がダメなんだろう…
 記事のタイトル?構成?情報量?」

と上手くいかない原因を
探し始めます。

そこで初めて考えるという段階です。

そこで本を読んでみたり
他の人のブログを読んで書き方や
デザインをみて勉強する。

始める時に上手く書こうとか
完璧に作ろうなんて少しも
思っていません。

とりあえず今持てる力を
全力でぶつけてみて行動してみる。

そうすると大抵の場合は
玉砕に終わります。

ただその経験はとても大事で
上手くいかない時には
必ず原因があります。

そこから目を逸らさずに
向き合い対処して記事を書けば
前よりも少しずつ読まれるようになります。

最初は0人だったのが今日は2人になった
と改善を繰り返していくことで
どんどん伸びていきます。

これ、ただ本を読んでいたり
ブログなどで発信せずに書く練習
だけしていたら出来ない経験です。

周りの目が気になるし、失敗したくない…

とは言え新しく始めることが
全くの無知で経験もなければ
最初に出来ることは少ないと思います。

クオリティも低ければ
素人感が丸出しかもしれません。

「いやーやっぱり失敗したくないから
 出来るようになってから、始めようかな」

とあなたを含めて
多くの人が感じると思います。

そして行動するのを先延ばしに
してしまうのです。

ただその”出来るようになる”のは
いつなのでしょうか?

少なからず明日ではない訳で
1週間、1ヶ月、3ヶ月とどんどん
始めるのが遅くなり

「時間ができた時に始めるでいいかな」

となって辞めてしまうことも
少なくないです。

実践を積むから経験になり
覚えていくわけで行動しないと
上達はしていきません。

試験前でもワークや過去問を
解くから覚えますし
今の実力も理解できます。

時々教科書を読むだけで出来る
天才タイプもいますが
それは一部の例外です。

基本的には勉強でもスポーツでも
ビジネスでもまず行動して
そこから考えて改善するのが
一番効率的です。

ないものねだりは時間の無駄

よくないものねだりを
する人がいますが
無いものはないのです。

特に知識や経験が無い人は
それをこれから手に入れないと
いけません。

ただその知識を

・ただ本を読むだけで身につける
・とりあえず出来ることを実践しながら
 同時進行で本を読んで身につけるのか

どちらの方が経験が溜まりやすく
早く結果が出るかは明確ですよね?

ないものねだりをしても
仕方ないのでまずは出来ることをやる。

ただそれだけだと限界がすぐ来るので
やりながら知識や不足している経験を
積んでいくのが一番いいです。

これが最も時間を無駄にしないで
結果を出す方法だと感じています。