辛いなら会社は辞めてもいい【3日前に会社を辞めました】

ビジネス マインドセット

突然ですがぼくは
3日前に会社を辞めました。

実は1年間ほど契約社員を
やっていたのですが
3日前に辞めました

もしあなたが今

・辛いけど働いている
・仕事で体調を崩しがち
・仕事のことで悩む

そんな状況なら
「仕事を辞める選択肢もある」
と考えるのがおすすめです

辞めて数日ですが
健康的ですしストレスフリーなので
控えめに言っても最高です。

スポンサーリンク


「仕事を辞めてもいい」の逃げ道は必要

最初に言っておくと
別に会社を辞めることを
進めているわけではありません。

それに起業したり、独立しろ!
と言うつもりもないです

あくまで
「この選択肢もある」
と認識して欲しいのです

今回務めてみてわかったのですが
働いていると様々なストレスがあります

・職場の人間関係
・仕事のミスで怒られる
・朝から通勤ラッシュ

色々なところで少しずつ
少しずつストレスが溜まります。

もちろんラッシュに乗らないように
職場の近くに住むとか

ミスしないようにダブルチェックする
とか改善はいくらでもあります。

ただ一番のストレスは
「いつでも辞められない」

これが一番だと思います。

周りの目が気になる

実際は退職の1か月前や
3か月前などに会社に言えば
辞めることは契約上できます。

ただ会社の上司や社長としては
高いお金を払い採用した人材を
手放したくはないです

それにその1人減ることによって
会社の利益が減ると思うと
どうにかして残そうとします

結果的に本人の意思も
あまり聞かずに残そうとします

辞めようとしているあなたも

「辞めるのはありえない!
 辛くても続けることに意味がある!」

と思い込んでいるかもしれません

本当にやりたいことなら別として

・生活のために働く
・就活で受かったから
・人の紹介だから

という理由で心身ともに
ストレスでボロボロになってまで
働いているなら

「辞めるという選択肢」
ありだと思います。

仮にうつ病になっても
入院をすることになっても
上司や社長は助けてくれません。

自分を守れるのは
自分だけです。

とは言え辞めてからの
心配もあると思います

まだ数日ですが
実際に辞めてみての生活と
メリット・デメリットを
ご紹介します

会社を辞めるメリット・デメリット

まず会社を辞めてみての
生活の感じをご紹介します

最初にも書きましたが
現状は控えめに言っても
最高の状態です。

・アラームをかけなくていい
・好きな時に散歩に行ける
 (今は日中は暑いので夕方から夜)
・仕事の事を考えなくていい
・3食しっかり食べられる
・ゆったりした時間を過ごせる

など軽く上げただけでも
このような状態にあります。

現状、有給消化中ということもあり
完全に仕事を辞めてるわけではないので
変な罪悪感などもないです。

ここ数日の感じとしては
心身共に健康になってる感じです

それでは簡単に
メリット・デメリットを
ご紹介していきます。

◆メリット

①心身共に健康になる
②1日を自分の時間で埋められる
③自分と向き合う時間をとれる

①心身共に健康になる

まず会社を辞めると
起きる時間に決まりがないので
自分が寝たいだけ寝られます。

最初は会社の癖で早く起きたり
目が覚めると思います。

ただ1日、2日経てば寝られるようになり
顔色や体調などもよくなります。

ぼくは元々早起きなので
朝早くから起きてます

ただ「この時間に起きないと遅れる」
という精神的な縛りがない分
同じ時間でも寝起きのスッキリさは違います

それに会いたくない人には
会わなければいいので
精神的にもとてもリラックスできます

仕事だとどうしても会わないと
いけない日もあるので

②1日を自分の時間で埋められる

仕事に使っていた7~8時間ほどが
今度は自分の時間にあてられます。

・読めなかった本を読む
・ブログ記事を作りこむ
・有料noteを買ってインプットする
・昼間から散歩をしてリフレッシュ
・ジムなどで体を動かす
・趣味に没頭する

など自分のためになる行動や
ただただ趣味に使うこともできます

特に働きながら副業をしていたなら
そこにかけられる時間が増えるので
一気に進められます。

ぼくも辞めてからはSNS運用と
ブログ記事作成に没頭しています

とても充実した時間を
過ごしています。

③自分と向き合う時間をとれる

働いていると基本的には
仕事が軸になってきます。

きれいに私生活と分けて
両立できてい人もいます。

ただ中々、自分と向き合う時間を
がっつりと取るのは難しいです

ただ時間ができるので
その時間を使えば冷静に
自分のやりたい事などを考えられます

答えが出るかは別として
とても大事です。

やはりメリットばかりではないので
デメリットもご紹介します

◆デメリット

①収入源がない
②働く人からの目や意見
③生活リズムが乱れがち

①収入源がない

会社を辞めてすぐに転職したり
副業でやっていた収入源があれば
問題はありません。

ただ僕の場合は転職も収入源もなく
シンプルに会社を辞めました。

そうなるとお金は減る一方なので
そのあたりの心配はあります。

どうしても生活費は必要なので
最悪の場合は実家に一時的に
身を置くなどもありだと思います。

②働く人からの目や意見

これは仕方ないことですが
働く人などの目や意見などが
くる場合があります

やはり働かない=ダメなやつ
みたいなレッテルを世間は
貼りたがります

完全に働かずに、これから働く気もない人を
擁護するつもりはありません。

一時的に充電期間として
会社を辞めている人もいるのは確かです

ただ世間的には
「働かない怠け者」
みたいにみられる事もあります

なのでこの期間などは
友人などとは連絡は取らずに
ある程度距離をとるのも手です。

③生活リズムが乱れがち

仕事を辞めるということは
自分で好きなように時間を
使えるということです

そうなるといくらでも働けるし
逆に言えばいくらでもダラけられます

大半の場合は生活リズムが乱れ
夜更かししたり、ジャンクフードばかり
食べて栄養が偏る場合が多いです

誰にも縛られていない分
気を付けないとグーたらな
生活になってしまいます

実際、転職先決まってないときつくない?

ただこんな意見を言うと

「そんな事いっても
 現実的に収入がないと厳しくない?」

という意見が出てきます

実際、その意見には賛成です。

次の転職先だったり
収入源が全くない状態で
辞めるのはリスクでしかないです

辞める段階で決まってなくても
目星はいくつかつけておくべきです。

ただ僕の場合は

・転職先を決めていない
・バイトなども見つけない
・特に収入源もない

という気の狂った三拍子で
今回、退職をしました。

なぜ退職をしたのか?

それは”時間をとるため”です

働いてる時からブログも書いてましたし
SNSの運用もしていました。

本気で取り組んでいても
収益が生まれないと
なんとなく疎かになります

そもそもブログやSNSからの
収入で生活するための繋ぎとして
生活費の足しとして働いていました。

なのにいつの間にか
手段と目的が逆転したので
戻すためにリスク承知で退職しました

なので
「ゆっくり寝られる~」
なんて言っている暇は実はないのです(汗

プロ意識を持ち直し
1日1日を全力で動いていかないと
シンプルに生活ができません

今年も残り4か月ほどなので
そこまでに生活できるくらいの
収入は作るために動きます

辞められない人の希望になる

実際、辞めたくても辞められない人は
たくさんいると思います。

それで入院する人や
社会復帰が難しくなる人もいます

なので取り返しがつかなくなる前に
「辞めてもなんとかなるよ」
という希望になるために動いていきます

口だけにならないように
しっかりと数字で結果を出して
証明していこうとおもいます。

ぼくのように辞めるまでいかなくても
「辞めるという選択肢もある」
ということは忘れないでください。

人生けっこうなんとかなります!

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】