コレは絶対NG!読まれないブログタイトル3選

ライティング

ブログを書く時に一番大事なのは
「タイトル」です。

そこで検索エンジンで上位表示(SEO)させたり
興味を持って読んでもらう言わば
お店でいう看板みたいなものです。

ただタイトルをこだわらずにつけて
せっかくいい記事なのに
読まれていない人が多いです。

今回の記事では絶対にNGな
タイトルのつけ方を3つご紹介して
それの代替え案もご紹介します

今回の記事をしっかり読めば
「読みたい!」と相手に思わせることができます

スポンサーリンク


読まれないブログタイトル3選

読まれないブログタイトルは
多く存在しますがパターンとして
3つご紹介します

    ①真面目な堅苦しいタイトル
    ②抽象的な表現のタイトル
    ③日記のようなタイトル

少なからずこのパターンに
当てはまるものは読まれません。

ここに書いてあるだけでも
読む気がわかないと思いますが
それぞれ例題を交えて解説していきます。

①真面目な堅苦しいタイトル

これは結構やりがちなのですが
真面目で堅苦しい表現の
タイトルをつけてしまう場合です

例)
・1日5分でできるスキンケア

・腹筋を割るための自宅でできる筋トレ3つ

といった感じです。

これ自体は内容として決して悪くはないですが
大体この手のタイトルは力のあるサイトが
基本的に使っています。

あまり競合のサイトも
このままでタイトルは使いませんね。

言ってしまえば
「教科書や参考書の目次」
みたいな堅苦しい表現です

教科書や参考書であれば先ほどの
タイトルでも問題ないです。

ただブログやSNSでの発信では
このような表現はそもそも読み手の
アンテナ引っかかりません。

なので内容がよくても
記事を開いてくれません。

誇張をし過ぎるのも良くないですが
真面目過ぎるのも読まれません。

[改善案]
例えばスキンケアのものなら
その手軽さを表現したいので

育児中の女性必見!子供の世話をしながら
1日5分で出来るスキンケア方法

みたいな感じだと「お!」と目に留まる
可能性は高まります

②抽象的なタイトル

これも多いのですが
抽象的になってしまうタイトルです

例)
・初心者がプログラミングをやってみた

・転職ならこのサイト!おすすめの転職サイト3つ

という感じですかね。

一見みてみたいと思いますが
どちらも抽象的なタイトルになります。

例えば最初の「プログラミング」も
細分化すれば色々種類はあります。

Python、Java、PHP、C言語…
など様々なものがあります。

多くの人に見られたい気持ちも
わかりますがあえて絞った方が
反応はしてくれます。

ふわっとした表現だと
ふわっとした人しか読まないので

[改善案]

最初のであれば

Python初心者がやって感じた
つまずく箇所を3つ解説

Pythonだけに絞ることで
そこに興味のある初心者は
記事を読みたい!となります

③日記のようなタイトル

これはいわゆるジャンルを絞らない
”雑記ブログ”と言われる人に
多い傾向だと思います。

例)
・今日は原宿でタピオカ飲んできました
 
・平日の浅草寺は最高です!

みたいな感じのタイトルです

読まれない感じを出したかったので
わざとテキトーにつけましたが
このようなタイトルは基本読まれません。

正確にいうと既に一定数の
「ファン」がいれば読まれるとは思います。

あなたのファンは
情報自体に価値を感じるというより
あなた自体に価値を感じています。

なので基本的に「〇〇に行った!」
「これを買ってみた!」でも読んでくれます。

ただファンがつくまでは基本的に
今日あった事をまとめたような
日記のタイトル・記事はやめた方がいいです。

芸能人とかブロガーさんとかが
書くことが多いので勘違いしますが
ファンがいない状態では余計に読まれません。

基本的に人は「価値を感じる」ものしか
興味を示さないので、最初のうちは

「相手がどんな事に価値を感じるのか?」

ここを意識して悩みを解決したり
相手の為になるノウハウやテクニックを
紹介した方がファンがいないうちは読まれます

[改善案]
例えば2つ目の浅草寺であれば

フォトグラファーだからわかる
平日の浅草寺のインスタ映えスポット紹介

これはかなり気になると思います。

特にインスタはまだ流れがあるので
インスタ映えスポットを探す若者にとって
興味のある記事になります

読まれるタイトルテクニック3つ

ここまで読まれないNGタイトルを
ご紹介してきました。

ただ逆に読まれるタイトルの
コツも知りたいですよね?

なので今回は今日から使える
タイトルテクニックを3つご紹介します。

先に言っておきますが
乱用すると効果が薄れるので
バランスをみて使ってください

・隠し
・違和感
・絞る

それぞれ解説していきます

隠し

これはあえて重要な部分を
隠すことで読み手をひきつける
心理テクニックの一種です。

人はその物の正体がわからないと
恐怖や不安を感じると同時に
「これなんだろう?」と興味も湧きます。

その知りたいという欲と
うまくかみ合えば記事が読まれます。

例えば

「鼻の黒ずみはキッチンにある”アレ”で
 簡単に落とせます」

あえてその名前を言わない事で
興味が出てきますし、キッチンという
一見スキンケアに関係ない単語も
より目を引く要因の一つになります

違和感

人は違和感を感じた時に
「ん?」と一瞬、足をとめて
それを見てしまいます。

電車の広告や街中にある広告デザインも
そうやって違和感を作ることで
一般人の目を留めています。

違和感は一つ使えるテクニックです

例えば

「今週はステーキ1kg食べましたが
 体重は2kg落ちました」

ダイエット系の発信をしている人なら
特にこのタイトルは読み手に違和感を与えます

まず読んでる人は
食事を多く取る=体重が増える
と考えています。

なのに肉をガンガン食べているのに
むしろ体重を落とすことができた
これは大きな違和感です。

違和感を作るポイントは
その人の常識と真逆のことを言う
常識とはズレたことを言う
が効果的です。

何も大げさにしなくていいので
少し違和感を作って「ん?」と
させればOKです

絞る

これは先ほどの読まれないタイトル
の項目でも使いました。

ターゲットやその行動を絞る
ということです。

“Python初心者がやって感じた
つまずく箇所を3つ解説”

Pythonと絞るとそれだけに
興味ある人がきます。

一見絞ると読まれなさそうですが
情報を絞ることで興味のある人の
目に留まることができます。

なので記事を見つけたときに
そのまま読まれる可能性が高いのです

タイトルは「他人が見たいと思うか」

自分がいいと思うかよりも
他人が見たいと思うかどうか?

その視点を忘れないことが大事です

自分の中で上出来!と思っても
案外、他人が見た時には響かない
みたいなことはよくあります。

今回紹介したテクニックはあくまで
参考程度にしてください。

一番は日々実験して
自分の読者が反応しやすい言葉や
表現は必ずあります。

まずは他人がみたいタイトルをつける
これを意識してみてください

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】