メリットを推しても売れません!【購入のきっかけはコレ】

ビジネス ライティング

もし自分の有料noteを売りたかったり
他人の商品をアフィリエイトしたいなら
商品の詳細や得られる利益を押すだけじゃ売れません

もちろん詳細や利益は大事ですが
人はそれだけでは商品は買いません。

もっと人間の本能的な欲の部分を
見つめると、どうやってオススメすれば
いいのかがみえてきます。

結論から言うと
「社会的欲求:帰属願望に訴える」
がオススメです

これを入れて紹介するだけで
申し込みや購入率は
グンとあがります

みんなどこかに属したい

人は何かの集団に属していると
社会的に認められた!と思い
安心することがあります

なので常にどこかに属したいと
考えている生き物です

マズローの欲求5段階説と
人の欲求を段階別に表した
図があります。

下から人が望む順番を示したもので
社会的欲求は三番目にあります。

下の2つは日本人はほとんど
満たされているのでほぼ
3つ目からと考えられます。

基本的に会社に勤めていたり
大学など学校に所属していれば
この3つ目の欲は満たされます

ただ今はブラック企業や
大学もなんとなく入学して合わない
という人が増えてきてる感じがします

なのでこの3つ目の欲が
満たされていない人が多いのです。

なので最近オンラインサロンが
流行っている理由はこれも少し
関係しています。

ある種のコミュニティに属したい
しかも共通の目標や話す話題があるので
そこにいる事で存在が認められてると感じるのです

そして心理学者によると目的に関係なく
集団というのは3種類に分かれるそうです

集団は3つに分類できる

    1.憧れの集団

    2.連帯する集団

    3.関係を断つ集団

1はあなたが属したいと思う集団です
2はあなたと考えや価値観をともにする集団で
3はあなたが属したく無い集団になります

商品やサービスをこれらの3つの集団に
関連づけることによって見込み客に
その集団をきっかけに決断を促すことができるのです

お客さんは必ずしもその商品やサービスの
長所や性能だけで購入はしません。

社会的欲求:帰属意識をもとに
購入をします。

「集団の一員にならなくては!」という心理は
行動をするときの強い動力源になります

例えば子持ちの主婦に向けて
ダイエットのやり方を紹介しているとします。

(※もちろんあなたが主婦でその手法を使い
  実際に結果を出している前提で話します)

その時にお客さんにとって
さきほどあげた3つはどんな集団なのか?
これをまずは想像します

例えば

1.憧れの集団
 ∟子持ちなのにメリハリのあるボディで
  お腹や二の腕のたるみもない。
  夏はがっつりノースリーブでタイトな服を
  軽く着こなす主婦達

2.連帯する集団
 ∟1で言った体になりたいと思っている人の集まり
  なりたい願望はあり、行動しようと思っている人

3.関係を断つ集団
 ∟憧れだけで「どうせ自分にはできないよ」
 「ダイエットなんて続かないんだから時間の無駄」
 と頑張ろうとしない人達

みたいに分類することができます。

何かオススメする時この3つを全て
言う必要はありませんが
1.と3.辺りを入れるといいかなと思います

例)

私が実践したダイエット法を使えば

「ダイエットなんて続かない」
「無理して痩せてもストレスなだけ」

と言い訳して痩せることから逃げてる人達の中から
抜け出すことができます

そして子持ちなのにメリハリのあるボディで
お腹や二の腕のたるみもない自信のある
人生を送ることができます

そんな活き活きした人が集まる
コミュニティがあるのですが
興味ありますか?

簡単に作った文章ですが
こんな感じの流れにして
商品やサービスの説明を入れると

そこに共感した人たちは
購入してくれます。

よく「恐怖を煽って買わせる」
みたいな人がいますが今回の部分では
3に当たります。

ただあまり恐怖を煽りすぎても
相手の気分が良くないので

「こうなりたくないですよね?」

と自覚させるくらいで十分です

これのバンドワゴン効果を使うと
製品のメリットを押すだけの時より
購入してくれる確率がグンとあがります。

集団に属したい欲をつく

ここまでご紹介しましたが
人は何かに属したいという欲があります

そこを自分の紹介したい商品や
サービスに絡めることによって
より購入してくれる確率が高まります。

必ずしもコミュニティのサービスじゃなくても
何か電子書籍でも憧れの集団などを
絡めることができます

ぜひ色々、想像して試してみてください!

P.S. 文章の悩み、LINE@で相談受付中

LINE@ではこう言った文章の悩みの解決や
読まれる文章の書き方をご紹介しています!

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】