テクニックの使いすぎは危険です【ただ初心者は使うべき】

ビジネス マインドセット

ぼくは元々、文章を書くのが
苦手でした。

なのでコピーライティングや
文章の書き方の本を多く読んで
実際に書き勉強してきました。

そこにはタイトルのつけ方や
読まれるための心理テクニックなど
様々なことが書かれていました。

確かにそれを使うことで
文章は読みやすくまとまり
相手に伝わりやすくなります。

ただ個人的には

「テクニックだけに頼るのは
 長期的にみていい結果は生まない」

と考えています。

もちろん最初は右も左もわからないから
頼ってもいいと思います。

ただ本質など軸になる考えを
しっかりと持たないと
結果を出し続けるのは難しいです。

テクニックのみだと薄っぺらくなる

結局小手先のテクニックは
付け焼き刃みたいなものだから
今使えてもずっと続くとは限りません。

廃れないテクニックもありますが
それは使う人が本質を
理解しているからです。

なので時代の流れ上手く合わせて
調整できるから廃れないのです

今や手に入りやすくなったので
テクニックや技術はすぐ広まります。

そしてテクニックだけのものは
薄っぺらく情熱や信念が割合として
少なくなるので本当のファンはできません。

ブログを書く時に気をつけてること

自分のブログの例で言えば

実体験を元にしたことか
自分が深く共感したことしか
書かないと決めています。

以前の記事でも書きましたが
記事を書くときは「型」を使ってますし
コピーライティングのテクニックも
使うときはあります。

ただ関心がない内容や
思ってもないことを文章のテクニックや
技術を使って上手く書いても
どこか薄っぺらくなる。

一見きれいにまとまった記事でも
どこか惹かれないというか
おもしろくない記事になります。

しっかりと相手に伝わるように
自分が共感した、興味があるものしか
書かないと決めています。

結局、自分がタメになったとか
関心があるその熱意とか感動は
文章で相手に伝わります。

5年ブログを書いていますが
テクニックを磨きつつ
その軸はブレないようにしています。

テクニックがダメとは言っていませんよ?

とはいえテクニックを使うな!
とは言ってません

むしろそれで結果がよくなるなら
存分に使うべきだと思います

ただし
「そこに頼りすぎる、依存する」
これが良くないと言うことです。

テクニックは強力が故に
またそこに頼りたくなります。

アクセスが集まらない記事に
タイトルを変えるだけで急に集まる。

ただそれでは今は良くても
1年後、2年後は廃れて
結果が出なくなることもあります

それで一時的にブログにアクセスが入っても
内容が薄かったり、テクニックだけだと
読者に気づかれて離れていきます。

これだけ変化の激しい情報が社会
そのテクニックが明日使えるかもわかりません。

だったら本質になる思考や
原理原則を同時に鍛えておけば
応用が効くので廃れることはありません

テクニックとは上手く付き合うのが大事

先ほども言いましたが
テクニック自体は否定しません

ただそこに頼りすぎるのは
成長をストップさせてしまいます

なので、ほどよい距離感が大切です

例えばブログだったら
「相手が読みたい内容を書く」
はかなり本質に近いです

本質は紐解くと当たり前だろ!と
言いたくなるものがほとんどです

ただそこが抜けてしまうので
同じようなものになってしまうのです

テクニックも使いつつ
本質の部分を磨いて
常に成長をして結果を出し続けましょう

P.S. あなたの悩み、LINE@で相談受付中

LINE@では

・会社に勤めない生き方をしたいけど
 まず何からやればいいのか?

・ビジネスに興味はあるけどわからない

・過去に教材を買ってみたけど収入が0だった

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】