「時間がないから今は出来ません…」だと一生できない件【時短術より時間の見直し】

ビジネス

副収入を増やしたい人に
個人でのビジネスをおススメすると

「やりたいですけど
    今、時間が無くて…」

という反応が多いです。

そして時間が出来たらやります!
と言いますが9割の場合は
やらないことがほとんどです。

仮にこの人に時間があっても
この考えでは同じような
返事をするはずです。

それこそ1日が倍の48時間になっても
この考えでは始められないと思います。

ぼくの個人的な意見ですが
「時間は意識的に作るもの」
だと考えています。

そしてその為にやるべきは
時間管理とか仕事を効率化する

…ではなく
”時間の使い方を見直す”
これに尽きると考えています。

ぼくも空いた時に
これは実践するようにしています。

スポンサーリンク


時間を増やしても、無駄にする人はする

まず時間が空いたら
と考える人は

・時間を増やしたいなー
・なんでこんな忙しいんだろ

と、どちらかの考えです。

このパターンの場合
仮に増えても時間を上手くは
使えないと思います。

なぜなら
「自分が何にどれだけの時間を
 使っているかわかっていないから」

もしあなたが忙しい毎日を送っていたり
ビジネスや勉強の時間が取れないなら
これがわかっていない可能性が高いです。

当たり前ですがどこにどれだけ
使っているかわかっていなければ
改善の余地がありません。

それなのに時間の効率的な使い方とか
時短術を取り入れても無駄ではないですが
効果は半減します。

言うならば英語のテストで
点数が悪くて

・単語が苦手なのか
・文法が苦手なのか
・長文が苦手なのか
・リスニングが苦手なのか

どれが苦手かわからないから
とりあえず全部勉強するみたいな
感覚と似ています。

それをやっていたら
そこに莫大な時間がかかってしまいます。

それだったら無駄に使っている
要らない時間を見つけ出して
そこを改善すれば簡単に済みます。

色々やり方はあるでしょうが
ぼくは紙に書き出す方法を試しています。

簡単に出来るので
ぜひ試してみてください。

簡単「時間見直し」方法

この方法は
紙に自分の1日のスケジュールを
書いて可視化するのが狙いです。

簡単にやり方をまとめます。

    ①まずは横に直線を一本引きます

    ②左右の端に「0」と記載します

    ③ちょうど真ん中に「12」

    左の0と12の間に「6」

    右の0と12の間に「18」

    と記載します

    ④これで1日のザックリスケジュールを
    書き込む型ができあがりました。

    ここに1時間とか10分単位でいいので
    やったことを記載していきます

    ※細かくやると嫌になるので
    ざっくりでいいです

    ⑤ポイントはスマホをみていたり
    ダラダラしてる時間も書くことです

    (どちらかというとその点を
     意識的に書いて欲しいです)

    ⑥書けたら見直して

    「ここの時間で本10ページは読めたな」

    など自分の為に使える時間の場所を
    書き出してメモしていきます。

これだけです。

すごくシンプルですが
頭の中だけでやろうとすると
かなり大変です。

それに考えているうちに
ごちゃごちゃし出して
気づいたらスマホでYouTubeみたいな…

なので紙に書き出して
自分はどこに何時間使っているのか?

目に見える形にするのは大事です。

そうする事で時間がないと思ったら
「あれ、意外に時間あるな…」
など発見することができます。

逆に忙しい毎日を送ってるなら
「どうしたら時間を空けられるか?」
など根本から考えるきっかけにもなります。

仮に時短をしてもその余った時間を
スマホゲームやYouTubeを見ていては
意味がありません。

そのためにどこにどれだけ使ってるか?
そこを確認する必要があるのです!

時間は意識的に作るべき

時間は作ろうと思わないと
いつまでも作れません

そして何かをやるという事は
何かを犠牲にしなければいけません。

だからと言って睡眠時間を
ただ削るだけでは体に毒です。

必ず無駄にしている時間や
本来なら効率的に使える時間が
24時間の中にあります。

どうやっても1日は24時間なので
それをいかにうまく使うかがポイント。

そしてスマホは楽しいですし
最高の娯楽の機会です。

ただそれに使っている10分を
本を読むことに当てたらどうでしょう?

その30分でブログの記事を
少し書いてみたらどうでしょう?

たった5分の差でも
あなたの理想の生活を
手に入れられるかが変わってきます。