情報発信で自分語りはNG【特に初心者は注意です】

ビジネス ライティング

SNSでもブログでも
情報発信をする時に
自分語りはNGです

特にまだ固定の読者や
ファンがいない状態では
余計にアウトです

情報発信はターゲットとする相手の
『ギャップを埋める発信をする』

この発信が一番効果的です

有益なツイートも裏目にでる!?

多くの人が

・自分の気づき
・自分の過去の経験

という情報を発信するけど
自分語りは特に最初のうちは
響きません

誰もあなたを知らないから
知らない人が自分語りしても
興味を持ってくれないからです

それに有益そうな情報を
出しているようで
実はマウンティングしている人も多く

    「これをやるべきだ!」
    「こうしない、あなたはおかしい」

みたいな内容になってしまう人

これでは共感もされないし
情報に価値を感じてもらえません

だからこそ、その人の
ギャップを埋めるのが大切です。

じゃあギャップを埋めるって
どうするの?

と思うかもしれないので
簡単にご紹介していきます。

ギャップを埋めるということ

まずあなたが発信したい
相手つまりターゲットを決めないと
始まりません。

ここでは「メタボの痩せたい男性」
としましょう。

そうなった時にギャップを
知るためには

・メタボの痩せたい男性の「現実」

・メタボの痩せたい男性の「理想の人生」

この2つを理解することが
大切になります。

そして現実と理想の差を埋めるのが
「ギャップを埋める」ということになります

ここで大事なのはどれだけ現実に寄り添って
理想の人生を理解できるか?です

つまり寄り添ってあげられるのか
ということです。

ここで「自分だけの視点」で
世界を見ていると厳しいです。

なぜなら
”わかったつもり”
になるからです

「痩せたい人の現実はこうでしょ
 理想の人生はこうでしょ」

その人の主観で書き出して
情報を発信しても
共感されるのは難しいです

共感されなければ人も集まらないし
ビジネスも生まれないので
収入も作ることができません。

今の時代ネットが普及しているので
いくらでも調べる方法はあります

・SNS
・ネット記事
・YouTube

色々なところでリサーチ出来ますし
一番は実際に人に聞くのがいいので
友人や知り合いにいれば直接聞くといいです。

実際に聞くと自分の想像とは
全然違うこともあります。

情報発信はギャップを埋める

初心者でもある程度長い期間やってきた
経験者でもこの考えは同じです。

「相手のギャップを埋めてあげる」

これを意識するだけで
発信の内容はだいぶ変わります。

そしてその投稿に惹かれて
人が集まればビジネスは作れるので
どんなマネタイズもできます。

意識高い系の発信や
自分語りの発信をしてるあなた

もし自覚があるなら一旦止めて
ギャップを埋める発信を考えてみてください

反応が大きく変わると思います!

P.S. あなたの悩み、LINE@で相談受付中

LINE@では

・会社に勤めない生き方をしたいけど
 まず何からやればいいのか?

・ビジネスに興味はあるけどわからない

・過去に教材を買ってみたけど収入が0だった

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】