書き出しに”アレ”を入れると記事の満足度が1.5倍に【ブログでもSNSでも】

マインドセット ライティング

いつも記事を読んでいただき
ありがとうございます!

あなたの1記事読んでくれるのが
ぼくの活力になります。

ぜひ記事の感想などは
LINE@の方で気軽にお願いします!

気軽にお返事させていただきます

ブログの感想はコチラから!

と書き出してみましたが
この数行を読んであなたは
どう感じましたか?

すべて本心を書いたのですが
実はここに”読まれるテクニック”が
あったのに気づきましたか?

30秒ほど考えてみてください

・・・

文章を読んでもらうテクニックは
「書き出しをポジティブにする」
ということです

これは様々な場面で使えて

    ・ブログ記事
    ・LINEで先輩にお礼
    ・上司に仕事でメール

こんな場面で使えます。

しかもあなたの文章を
読んでくれるだけでなく
好印象を与えることができます

半年間、好印象が続く

人の初対面での印象は
出会ってから7秒で決まる
と言われています

しかもその印象は誤差はあっても
約半年間続くと言われています

これを心理用語で
”初頭効果”と言います

人間は瞬間的に感じた感情に
かなり影響されやすく
またその期間も長いです。

例えばあなたが彼女(彼氏)と
初デートをしたとします。

その時にニコニコしながら
「おはよ〜!今日も天気いいね♪」
と来るのと

腕組みをしながらブスッとして
「おはよ…」
と言われるの

どちらに好印象を持ちますか?

言わなくてもわかりますよね。

文章もこれと同じで
最初の数行で読み手に
良い印象を持ってもらう必要があります

そうじゃないと続きの文章に
興味を持ってもらえないので。

芸人さんが言う「ツカみ」
同じです。

最初にお客さんの心を
ぎゅっと掴めれば
その後のネタも見てもらえます

ただそこでスベれば
笑ってくれない所か
次は観に来てくれないでしょう

なので最初に言い印象を
与えるのが大事なのです。

ポジティブな書き出しの例

何もそこまで考えすぎる
必要はありません。

少し変えるだけでいいのです

例1)上司へのメール

悪い例

お疲れ様です。こちらミーティングの資料なのですが…

良い例

おはようございます!こちらミーティングの資料なのですが…

例2)恋人への連絡

悪い例

昨日はありがとう。オススメのお店美味しかったよ!…

良い例

昨日のオススメの店は初めての体験で新鮮だったよ!
一人じゃ絶対に行けないくらい店内もおしゃれだし
何より料理が美味しかったから何度も通いたくなったよ!

ざっと2つの例を出しましたが
最初を少し変えるだけでかなり印象が変わります。

例1はお疲れ様ですを「おはようございます!」
変えるだけで明るい印象を与えます。

例2は最初に感謝を言う点は同じですが
「初めての体験」「何度も通いたくなる」
というワードでどれだけ楽しかったか伝わります。

それに「一人じゃ絶対に行けない」
などを添えてあげるだけで

「私が連れてったから満足してくれたんだ」

と相手はいい事をした!と感じてくれて
さらに満足感が高まります。

もちろんあまり、よいしょした感じは
返って胡散臭くなります。

なので「本音を言う」のは大前提で
自分が素直に感動した、満足した点を
簡単にまとめて冒頭に書いてみましょう。

たった1、2行ですが
意識して書くだけで
印象が大きく変わります

何も難しいテクニックではないので
ぜひ取り入れてみてください。

最初の3行で決まる

文章は最初の3行ほどで
決まると言っても過言ではないです。

この記事を読んでくれた
あなたならわかるはずです。

なので間違っても出だしから

「あ〜疲れた」

「なんか最近イライラします」

なんて出だしはやめましょう。

意図的にネガティブ発言を使い
読ませるテクニックもありますが
それはかなり高等テクニックです。

慣れないうちは逆効果なので
それだったらポジティブの方が
簡単に使えます。

それにポジティブなことは
読んでいて気分が悪くなりません。

ぜひブログなどで冒頭に書く時は
ポジティブな発言を入れるようにしてください

P.S. あなたの悩み、LINE@で相談受付中

LINE@では

・会社に勤めない生き方をしたいけど
 まず何からやればいいのか?

・ビジネスに興味はあるけどわからない

・過去に教材を買ってみたけど収入が0だった

個別での回答は難しい時もありますが
いただいた質問はこのように記事にしたり
LINE@限定メッセージとしてお答えしています!

登録がまだの場合はぜひ
コチラからご登録をお願いします
LINE@の登録はコチラ

人気記事会社は辞めたいと思ったら、辞めて問題ない【逃げじゃなく挑戦】